樹木三種

山梨県北都留郡丹波山村の檜、南巨摩郡早川町の杉、南都留郡鳴沢村のシラベと、それぞれの地を代表する針葉樹です。夏はすくすくと育ち、寒い冬でも美しい緑を讃える針葉樹は、永遠の生命の象徴として尊ばれ親しまれてきました。その香りは、抗菌・浄化の作用を持ち、リフレッシュとリラックスといった森林浴の効果も得られます。

樹木三種

ヒノキー印刷物用.jpg

檜 ヒノキ 〜やわらかで神聖な浄化の香り

ヒノキ科ヒノキ属 Chamaecyparis obtusa
日本の歴史と共にあり、浄化の作用が大きく神聖な樹木として古代から建材として活かされてきました。

スギー印刷物用.jpg

杉 スギ 〜力強い生命力を感じる華やかな香り

ヒノキ科スギ属 Cryptomeria japonica
樹齢何千年にも及ぶ力強さに溢れ、建材はもちろん、その樹脂は生薬の杉脂としても使われてきました。

シラベー印刷物用.jpg

白檜 シラベ 〜不滅の生命の象徴、優しく甘い香り

マツ科モミ属 Abies veitchii
まっすぐ天に向かう姿から永遠の生命の象徴とされ、呼吸器系の不調を癒すために使われてきました。